お客様本位の業務運営についての取組み

お客様本位の業務運営について、ここに宣誓いたします。

1.お客様がもし親類縁者だったとしても、同じ提案をするか?を常に自問します。

 

2.お客様にとって最適な提案となるよう、物心両面の理解に努め、目的と課題を共有します。

 

3.お客様が商品・サービスを適切に判断できるよう、分かり易く丁寧な説明を励行します。

 

4.お客様の重要な検討材料である手数料や諸費用について、その内容を分かり易く開示します。

 

5.お客様の課題解決ありきの“貢献主義”を旨とし“成果主義”を拒み、満足度の向上に努めます。