徒然なるエピソード

1.ほぼ体育会系の学生時代

 学生時代は友達の影響でずっとスポーツに関わってました。お陰でスポーツは見るのもやるのも好きです。以下、順番にいきます。

 

①(ミニ)バスケットボール部 (小5~6)

 小5年の冬に新設され、友達の誘いで創部メンバーに。体育館がなく冬も屋外で練習したため、指10本霜焼けでグローブ状態に。授業中は鉛筆と格闘&痒さに悶絶です。

 

 監督にそろーっと「軍手していいすか」と尋ねると「手の感覚が狂うだろーが!」

 

 創部直後の親善試合で隣接校に大差で敗北して凹むも半年後にダブルスコアで雪辱。そのまま県ベスト8入りできました。


②陸上部:400,800,1500,駅伝 (中1~高3)

 バスケ部の1年余りで眼鏡を数回壊しまして、中学では球技以外で得意だった陸上部へ。

 

 まず運動部特有の洗礼?を受けました。部ごとに異なる挨拶とかありまして。記憶が曖昧ですけど「ちわーっす」「ちぃーっす」「ういーっす」とか。“す”を抜かしてフェードアウトするとカッコイイとかで「ちぃぃー・・・」とかも。変声期特有の低い声で響かせるとイケてるらしく、何だか不機嫌そうな低~い声で引っ張るのがサッカー部界隈では〇でしたね。

 

 あとはグランドに並ばされて挨拶の練習。何事も練習なのであります(笑)。「声が小さーい!」なんて昔の「8時だよ 全員集合!」みたいですけど、辛さ10倍増しくらいで。先輩の前で低い声出すと「生意気なヤツ」って目を付けられるのに敢えて挑まずにはいられないヤンチャ君がいたり。懐かしいっす。

 

 肝心な駆けっこの方は、800m・1500mと冬場は駅伝でした。ベストは800mで2分8秒、1500mは4分32秒。駅伝は色んな会場に皆で行けコースも多彩で楽しかったです。ただ毎回激戦区の一区を走るので、チームメイトが区間賞のメダルを貰うのを見ては内心ザワついておりました。。。

 

 高校でも中学時代のライバルに「入るよね?」と誘われるまま陸上部に。ただ中距離の選手層が厚くて800mと400mに転向。800mは2分0秒、400mは53秒4、腕試しで出た1500mは4分15秒でした。自主練で誤った筋トレを続けてフォームを崩してしまい伸び悩みました(涙)

 

 31kmの長丁場を走る恒例行事の耐久レースでは、なんと高一のときに学年別で優勝。学年別の大会記録だったらしく、2時間10分は切っていたと思います。「長距離陣に勝てるわけないじゃん!」とマイペースでトコトコ走ったのが良かったみたいで(笑)     

  

 最大の難関は不定期に訪れる隣の女子高での共同練習。みなカッコいいところを見せようと大会以上のパフォーマンスを発揮するので(笑)、非常にタフな練習でした。嬉しいやら苦しいやら。  

 

③バスケットボールサークル(大学1~4年)

 ときはバブル真っ盛りの80年代後半とはいえこちとら田舎育ち。たまたま入ったテニスサークルのチャラさについて行けず、1年生の夏に「バスケのサークルを作ろう!」と今度は私が友人を巻き添えに。

 

 なぜバスケかというと、当時「渋カジ」なるファッションが流行して、NBAのTシャツとかトレーナーとかあったんです。「これはイケるぞ」と。スタジャンも揃えたり(照)。

 

 区立体育館で週1,2回の練習して、元国体選手もいて学内では優勝争いしてました。春は新歓合宿、夏は海、冬はラグビー観戦にスキー合宿、それとM越本店で中元・歳暮のチームバイトが恒例行事でした。

 

 当時の若者といえば冬は大挙してスキー場へ。今思えばスゴイ社会現象でしたね。

 

 和気あいあいとしたアットホームな組織作りを心掛けたせいか、2学年に1組以上のペースで部内結婚も。サークルは卒業後も四半世紀続き、多くの学生の居場所と出会いの機会を提供できました。

 

 4年間も遊びまくったツケは、社会人になってから平日深夜のファミレスで払うことに。保有資格の大半は睡眠時間を削って取るしかありませんでした(涙)。眠気覚ましガムの消費量がハンパなかったです。